LOUTO

ARTICLE PAGE

夏の終わりに線香花火を(17.8.26)

今日は宮島の花火大会。
お店の周りでも浴衣姿の方をたくさん見かけました。

私も今日はお風呂上がりに
線香花火でもしようかしら。

夏の終わりに。

線香花火2
線香花火3

莟から牡丹、そして松葉、最後は散り菊…
順々と姿を変えながら
踊り続ける“花火の舞”。

中国産が主流となり、
とても希少な存在となった国産の線香花火。
今では「筒井時正玩具花火製造所」さんをはじめ、
3軒しか残っていないのだそうです。

「子どもの頃にした線香花火は、もっと綺麗だったような。
 こんなに呆気なかったかな?」

そう思われていた方、きっと多いと思うのですが、
それもそのはず、国産の線香花火と、中国産の線香花火、
聞けば使われる材料や製法からして全く異なるものなのだとか。

熟練の職人による手技はもちろんのこと、
この美しい火花の〝命〟となるのは、
切ってから30年以上も寝かせた松の根から作られる〝松煙〟。
筒井さんの花火には、
油分を豊富に含んだ宮崎産の松煙を厳選して使われています。

主に関西より以西で見られる「スボ手牡丹」。
DSC_19681.jpg
・西の線香花火 スボ手牡丹  
486円(税込)

紙で包んだ「長手牡丹」は、関東地方を中心に親しまれています。
筒井時正玩具花火製作所/線香花火 東
・東の線香花火 長手牡丹  
486円(税込)

草木染めで染め上げた
八女の手漉き和紙にくるまれた、上品で美しい線香花火。
筒井時正玩具花火製作所/線香花火 莟筒井玩具花火製作所/莟
・線香花火 莟  
1080円(税込)

毎年、贈り物にも喜んでいただいている、線香花火。
ふと心を休め、
花火とともに過ごす時間を贈ることができるようで…、
私にとっても、
線香花火は夏の小さな贈り物の定番です。

ちなみに線香花火は、
ワインと同じように熟成によって、より美しく、安定した火花を作り出すそう。
何本か残して、来年、再来年の楽しみにしてもいいですね。



※通信販売でのお届けをご希望の方はこちらをご覧下さい。