LOUTO

ARTICLE PAGE

濱中史朗さんの作品が届きました  (11.7.12)

夏支度展」の最中ではありますが、常設作家の作品もいろいろ入荷しています。

先日、買付けに行って来た濱中史朗さんのアトリエ、
BRUTUSにも載っていましたね。
史朗さんのアトリエ
相変わらず黒く(笑)、かっこいい空間は
史朗さんの作品の世界そのもの。
そして妙に落ち着きます(笑)。

今回も、作品の話にはじまり、
自慢の(笑)自転車を見せてもらったり
史朗さんと話していると、時間もあっという間。
何度も会っているのに
会う度、興味が増す、面白い方です。
史朗さん

今回は、私達も愛して止まない無釉の作品や
濱中史朗/無釉
黒革のような質感のレザーブラックが届きました。

無釉のシリーズには、
釉薬を施していないため
轆轤によって仕上げた
史朗さんだからこそ作り得た端正な形が、そのまま現れています。
また、なかに容れるものによって
様々に色が変化していく楽しさも。

今の時期、冷たいビールやなんかを容れると
表面がひんやりと湿って 
その手触りとシャープな飲み口も、またいいものです。

ちなみに、これは史朗さんが懇意にされている「ギュメレイアウトスタジオ」の猿山さんが
無釉のカップを大理石の粉で継いだもの、
濱中史朗/無釉カップ 金継
これもまた、かっこいいです。

早速、作品紹介ページにアップしましたが、
お近くの方はぜひ見て触れて
その美しさを確かめてみてください。